1396657900000-4-4-tanaka-001

ヤンキースに移籍してから絶好調の田中将大投手。現在10勝1敗で防御率2.02と、勝利数、防御率共にア・リーグトップを走っています。メジャーリーグのオールスターに選出されるのも間違いありません。

しかし、なんとオールスターに選ばれても出れない恐れがあるのです。



全てはローテーション次第

実はメジャーのオールスターは1日前か2日前に先発で登板したピッチャー、俗に言う中1日までのピッチャーは出られないという決まりがあります。これは先発投手の疲労を考慮してのものです。

当初の予定ではローテーション的にオールスターの出場は問題ないはずでした。しかし先日ののせいでちょうどオールスター前の最終戦に登板する事が濃厚となってしまいました。これでは出場しても登板することはできません

さらにヤンキースのジラルディ監督もオールスターで田中を先発に指名することを回避させようとする発言をしています。それほどまでにヤンキースにとって大事な選手になったということです。



メジャーではよくある?

実はメジャーリーグでは、オールスターに選出されても投げられない投手がいることは珍しくありません。昨年の岩隈投手も実は中一日禁止規定のためにオールスターではベンチにずっと座っていました。

メジャーリーグのオールスターは日本と違って1日しかなく、お祭り事ではなく真剣勝負です。調子が万全でないピッチャーを出すことはなく、ベンチに座ってその真剣勝負を間近で楽しむだけでも良い経験になるでしょう。


しかし、また雨が振ったりコンディションやアクシデント次第でローテーションに変化がおきれば、まだ望みはあります。日本人ではダルビッシュ選手が選ばれる可能性が高いので、一緒にオールスターに出場してほしいものですね。