ブラジルW杯で韓国サポーターがやらかしたようです。レーザーポインターであからさまに対戦相手のアルジェリア選手を狙っており、その様子がテレビにも映しだされてしまいました。

socc
レーザーポインターを当てられたアルジェリアの選手



蔓延する理由

サッカーでは度々 このようにレーザーポインターを選手に当てるという行為をする人たちがいる。しかし、レーザー光線は指向性の強い光のため他の場所から発信源を特定するのは極めて難しい。だからこれほど蔓延してしまうのだ。


被害はゼロ?

 しかし、レーザーポインターを当てられた選手は今まで山ほどいたが、実際に失明やその他の被害を被った選手は1人も確認されていない。実際に被害があったらそれこそ大ニュースになっているはずだ。


被害ゼロの理由

 実は、市販のレーザーポインターで失明をするケース自体がほとんどないのだ。なぜかというと、日頃我々が買うことのできるレーザーポインターは極めて弱いレーザー光線しか発することが出来ず、目に被害を出そうと思っても増幅長時間の直視をしない限りはほぼ無視できるレベルにしかならないからだ。

試合中にちょこっと当てた程度で本当に失明する危険性があるのならば、今ごろ警察が傷害の容疑で捜査を開始しているはずだが、実際にそういった事は行われていない。結局、直接的な被害が出ることはまずないのだ。
だからこそ、この行為もなくならない


かといって、むやみやたらにレーザーポインターを当てる行為は、明らかなマナー違反だろう。レーザーポインターを当てられた選手を見ると可哀想な気分になるし、それが好きな選手であれば怒っても無理はない。少なくともサッカーが進んでいる国では、そういう行為はなくなってほしいものだ。

article-2285185-184F53D2000005DC-429_306x423
レーザーポインターを当てられるクリスティアーノ・ロナウド選手©AFP