スポニューナビ+

国内外のサッカー、野球、その他スポーツの気になるニュースを独自の目線で分析。

サッカーの試合の観戦力をワンランク上げるための5つの簡単な方法

soccer-game-strategy-tactic

サッカーの試合をただ漠然と見ているあなた。確かに何も考えずにスーパープレーに熱狂するのもいいですが、もうちょっと違った目線からより深く試合を見てみるのはどうでしょうか?今回は難しい戦術知識がなくても、よりサッカーの観戦力を上げることができる5つの簡単な方法をお伝えします。



 
1. ボールを追いかけるだけではなく、スペースも意識する 

観戦中はボールばかりを追いかけていてはいけません。確かにボールを追いかけるのは大事なことですし、いつ何がおこるかがわからないのがサッカーの醍醐味ですから、ボールは常に把握しておかなければなりません。ですが、その傍らでピッチ上に空いたスペースを少しでも意識していると、色々と見えてくるものがあります。

サッカーの解説者は「ここにスペースがあります」「スペースをうまく使った」などと言う言葉をよく使いますが、実際にどこにスペースが空いていてそこに誰が走りこんできたかが見えるようになると、本当にそれがゴールに結びつくようなビッグチャンスになっていることがわかります。

慣れないうちは ずっとスペースだけを注目して見ているのもいいでしょう。そこに縦パスが入ったり誰かが走りこんできたりすると、スペースを使っているな、と感じて下さい。サッカーはスペースを使ったものが勝つのですから、そこを見逃さないチームの強さがさらに際立ってわかるようになります。




2.自分ならどこにパスするかを考えてみる

サッカー経験があるにしろないにしろ、どこにパスを出せばいいのかという事は試合をたくさん見ていると少しはわかるようになります。しかしそういう中でも一部の天才的プレーヤーは凡人には見えないようなものが見えていて、予想外のところにパスを出せるのです。もしその選手がボールを持ったら、ありとあらゆる視野を働かせてどこにボールを出せばいいのか同時に考えてみてください。そうすればさらにそのプレーヤーの凄さ、プレーの深さがわかるはずです。少なくとも上から見ているあなたのほうが視野は広いはずなのにです。




3. 選手の利き足は全て把握する

よくゴール前の絶交な位置で壮大な宇宙開発(ボールの打ち上げ)や、的はずれなシュートを行う選手を見かけることがあるでしょう。その場合の原因の1つとして、シュートが利き足ではない場合が考えられます。最近では両足を苦もなく使える選手が増えてきましたが、未だに利き足と逆足で精度が違う選手はたくさんいます。メッシなんかもその代表です。

例えばコントロールをつけたシュートを打ったとしても、「利き足なら入っていた」と思えるシーンは実に多くありますし、シュートのタイミングなのに打たないのも利き足じゃないからといった理由の場合が多いです。とにかく、利き足を把握しておくとその1つのシュートに関してより深い見方ができるわけです。




4.選手の動き出しに注目する

ボール保持者ばかりに目が行きがちですが、一度FWの選手だけを見ていて下さい。特に中盤にボールがあるときは常にオフサイドギリギリのところで裏への飛び出しを狙っているのがわかります。このようにボールがないところでも選手は色々と動いていて、特に優秀なFWはこの動き出しが非常に良いのです。ボールだけを見ていてはこのような動き出しの凄さを感じることはできません

さらに、よくサイド攻撃をしている時に後ろから選手が走ってくる場合があるでしょう。あれは敵DFを外側に誘導するために行われている場合があり、実際にパスを出してもいいのですがDFが動いたことで空いた内側のスペース有効活用したほうが良い場合があります。このようなスペースを作る動きを、パスをもらうために走ってると勘違いしないようにしましょう。



5.チームの戦術を感じ取る

「果たして今このチームは何を狙ってプレーしているのか」という事を少しだけ考えてみましょう。例えば、この時間はプレスをかけてボールを取りに行っているとか、左サイドからの攻撃を組み立ててようとしているとか、中央に縦パスを入れようとしている、とか。こうやってチームのやろうとしていることが少しでも見えてくると、選手の動き1つ1つがより意味のあるものに見えてきて、いつもよりずっと深い見方ができるわけです。 詳しいことはわからなくても、なんとなく感じ取ることが大事です。



いかがでしたでしょうか。とにかく、いつもとは違った目線で見てみようとすることが大切です。こうやって違う見方ができるようになると、より深くサッカーを楽しむことができるはずです。

西村主審は英語力がないと判明。国際審判に英語力は必要ない?


PK判定のジャッジの正否を巡って一夜にして世界の有名人になった西村氏。 確かにあのシーンだけを見れば疑問が沸くのは仕方ありませんが、その他では良いジャッジをして試合を統制していたように思えました。FIFA側も擁護するなど、これからの活躍にまた期待したいところ。


しかし、この試合が終わった選手の間から、「西村氏が何を言ってるのかわからなかった」「日本語を言っていたようだ」などと言われ、その英語力に疑問が出てきました。


とはいえ、実際にピッチ上で英語を喋っている様子までは確認できないので、西村氏が英語を話している紹介動画を見てみましょう。



 

 この動画を見ると、彼は典型的な日本人の英語の喋り方という感じで、流暢な英語を喋るというわけではないようです。私には英語というよりスペイン語のような喋り方にも聞こえました。


この動画のようなオフィシャルな英語を話す時点でもこれだけ日本人訛りが激しいのですから、試合中の軽い口語になった時にも意思疎通がきちんと出来るかはかなり疑問です。

ましてや今回はブラジル人とクロアチア人の試合ですから、日本英語では選手が聞き取るのは大変難しいでしょう。


国際審判に求められる英語力とは?


そもそも国際審判にはどうすればなれるのでしょうか。まずはJFA(日本サッカー協会)が規定する審判の1級になって実績を積み上げる必要があり、ここで初めてFIFA側が推薦したのちに任命するようです。 具体的な英語の規定はなく、審判としての十分な実績に加え最低限の英語等の意思疎通ができれば推薦されるようです。

基本的に国際試合では英語を話す場合がほとんどで、選手も英語を使う場合が多いです。しかし選手側も完全な英語を喋れる国の人は英米とその植民地だった国ぐらいしかありません。つまり、選手側も審判側も英語力が不十分な状態で意思疎通をすることになります。


実際のところは

しかし、実際は完全な英語など必要ないのです。よく選手が審判に抗議をしている場面を見かけますが、あれはただ「俺はやってない」「なぜだ」という簡単な英語をまくしたててる場合がほとんどです。審判もそれに対して、「冷静になれ」「あれはオフサイドだ」と簡単な英語で明瞭に答えるだけで良いのです。

たまに外国の審判に母国語で怒りのあまり抗議をする選手がいますが、審判はうんうんと頷いて適当に受け流しているだけで言葉は通じていません。重要なのは抗議というジェスチャーでアピールすることなので、言葉はそれほど問題ではありません。抗議をすることで審判のジャッジの公平性が保たれやすくなります。

今回の件でも、西村氏が何を入ってるのかわからないと選手は言っていましたが、あのような場面で審判が何を言っているかはそれほど大きな問題ではありません。大事なのは毅然とした表情でジャッジをすることです。選手の抗議に対してもブレずに試合を統制することができれば、英語が下手でも試合は捌けるのです。彼がここまで評価が高まったのはまさにそういう所です。
 

チェルシー、マンUが狙っていたセスクをあっさり獲得!香川への影響も

gun__1228124155_fabregas_chelsea
                                                           goal.crunch


世界がW杯開幕で盛り上がっている中、
ひっそりとバルセロナのセスク・ファブレガス選手のチェルシーへの電撃移籍が決まりました。



バルセロナは、MFセスク・ファブレガスの移籍でチェルシーとクラブ間合意に達したことを発表している。

バルセロナは12日、クラブ公式サイトでセスクのチェルシー移籍を伝えた。
同選手のクラブに対する従事とプロフェッショナルな姿勢に感謝を示し、今後の成功を祈っている。

セスクは2011年、アーセナルからバルセロナに移籍。バルセロナのカンテラ出身選手である同選手は、03年から11年までアーセナルに在籍した後、バルセロナに復帰した格好となった。



セスクを狙っていたマンU

セスクの獲得をマンUは1年ほど前から熱望していました。
先日英紙で発表されたマンUの獲得候補にも上位で名前が上がっていて、
手薄い中盤の選手層を強化する目的に最大に合致する選手として、だいぶ前から名前が上がっていました。


そんな中、チェルシーへの移籍が噂され出したのはほんのつい最近のことです。
それまではチェルシーは獲得候補にすら上げておらず、話題が出てきたのも6月になってからというもの。ほんとうにあっさりと獲得してしまいました。


なぜこうもあっさりとチェルシーへの移籍が決まってしまったのか?


実はマンUの交渉が送れた理由があるんです。
マタ獲得以降、セスクよりもバイエルントニ・クロースの獲得を優先していたのです。

トニ・クロースは守備的中盤からトップ下までこなせる攻撃的なMFで、かなり評価の高い選手です。
バイエルン側としても契約延長をさせたい気持ちがあり、そう簡単に移籍を許可するつもりはありません。

そんな中、契約間近か?という報道が春先に一斉に流れました。
しかし新監督が決定するとこの話は無かったことになり、あっさりと交渉決裂になったようです。


実はこの新監督はトニ・クロースよりもセスクやASローマのMFストロートマンの獲得を望んでいました。ですが監督交代でもたついている間にセスクとの交渉はチェルシーに先を越されてしまったようです。
 


マンUのこれからの動きと香川選手への影響

そこでマンUは最終手段としてストロートマンの獲得に動くと予想されています。
ストロートマンは新たなロイキーンと呼ばれるほどに評価の高い選手で、イタリアでは最高のMFの1人に数えられている選手です。

しかしこの選手、実は今大怪我の治療中で今年の10月までプレイが出来ない状態なのです。

もはや他に有力な攻撃的中盤の選手は移籍市場に残っておらず、ストロートマンを獲得したとしても2ヶ月はこのまま戦うことになります。

セスクやトニ・クロースを獲得できなかったことで、少なくとも2ヶ月間は香川選手の出場機会は多くなるでしょう。香川選手の移籍話はマンU側が否定し続けていましたが、今回のことでなおさら手放せなくなりました。もしそこで結果を出せずストロートマンが戻ってきたら、今度こそ移籍になるかもしれません。

香川選手の使われ方ですが、 新監督は4-3-3のフォーメーションを好むことからサイドで使われることが多くなると予想されています。

【画像】アルゼンチンの練習に乱入した偽ロナウジーニョの正体が判明!


W杯本番を直前にした先日、ロナウジーニョの偽物がアルゼンチン代表の練習に乱入して話題となりました。以下がその人の画像です。 

o0638047912970556588
                                                         RBB TODAY


すごくよく似ています(笑)。これでは本人と間違っても仕方がないというレベル。
さて、この人は一体何ものなんでしょうか?



地元の取材によると、この人の正体は、Robinson Oliveira (ロビンソン=オリベイラ)という名前の23歳の青年だったようです。日頃からロナウジーニョの真似をよくしているとのことでした。

メッシに長年憧れていて、メッシに会うためにわざわざやってきたと言っており、
下の画像を見ればわかるように丁寧にお辞儀までしています。


mundial-brasil-2014-1896931w620
                                               canchallena.com


メッシのほうも笑顔で返すなど、その偽物のクオリティーの高さに驚いた様子でした。


mesi
                                              canchallena.com


その後ロビンソンさんは関係者に連れて行かれ、取材にひっぱりだこだったようです。



さて、そっくりさんと言えばメッシに似ている人もいるようです。
それがこちら。




f9295f76
         Marc Piasecki / FilmMagic / Getty Images

 

うーむ・・確かに太ってはいますが全体的に似ているといえば似ています。



※しかしこの人どこかで見たことありませんか?
 実はあのキアヌ・リーブスなんです。これは1年前の2013年の画像ですが、
 当時は色々な事情で太ってしまっていたようで、今はちゃんとダイエットをして痩せているようです。
 本人もまさか太ったらメッシに似ていたなんて思いもしなかったでしょう。 

悲劇!W杯のチケットを無くしたor盗まれてしまった!この場合再発行は可能なのか?


IMG_0838
                                   http://kashimu.blog.so-net.ne.jp/2014-05-29

ワールドカップを見にわざわざ海外に行ったのに、チケットを無くしたor盗まれてしまった
そんなことになったら頭が真っ白になって泣いてしまうかもしれませんね。
 
残念なことに早速ですがもうチケット盗難にあった日本人が出てしまったようです。



 【サンパウロ共同】
 サッカーW杯の開幕戦が行われる最大都市サンパウロで10日、
 W杯観戦に訪れた日本人男性がカメラ3台などの入ったバッグを盗まれたことが分かった。
 在サンパウロ日本総領事館が11日明らかにした。
 (中略)
 バッグにはW杯の入場券10枚のほか、カメラ3台、望遠レンズ、現金約千ドル(約10万円)などが入っていた。



さて、この場合のようにチケットを紛失してしまった場合はそのまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?



原則は無理!

FIFAの規定では、セキュリティ上の問題からいかなる場合でも再発行は応じないとしています。
もし虚偽報告によってチケットが再発行され複製されてしまったら、観客収容数の上限を超えてしまう人が中に入れてしまうのが問題のようです。

確かに、無くしたと嘘をいって再発行によって複製できてしまうと簡単にもう1人中に入ることが出来てしまいます。
中に入ってしまえば空いている席にでも座っていれば問題はないのでしょう。

以上の理由によって原則はチケットの再発行はいかなる場合でも禁止されているようです。


しかし!再発行が認められる場合もある

ワールドカップの試合のチケットは全て FIFA Ticketing Centre(FIFA チケッティングセンター) という所が管理しています。
W杯でもチケットの現地発行や確認などを行うために現地の試合会場全てに営業所を設置しています。

実は、このFIFA Ticketing Centreに出向いて紛失の報告を早めに行えば再発行が認められる場合があるんです。

人がチケットを無くしたときに真っ先に連絡するのは購入した代理店か会場の入場管理所だと思います。
しかしここではチケットの再発行は全て禁止されていて、いかなる場合でも入場を許可することはありません。
ここに連絡しては意味が無いのです。

FIFA Ticketing Centreに直接出向いて警察からの正式な盗難届などを出して身分を証明する手続きを早めにすると、再発行が認められる場合がごくまれにあるようです。
しかし、事件性の薄いものや過失による紛失は対応が難しいようです。


何にせよ、チケットは厳重に管理して盗難対策も万全にしておく必要があるようですね。
少なくとも1人で現地の夜道をチケットの入ったカバンを引っさげながら出歩いてしまうようなマネはやめましょう。

ネットオフ