スポニューナビ+

国内外のサッカー、野球、その他スポーツの気になるニュースを独自の目線で分析。

最近流行のショートカウンターとは?戦術と意味を考える

最近になってショートカウンターという言葉をよく見るようになった。ただのカウンターにショートが付くだけで一体どう変わるのだろうか?その言葉の意味と戦術を考えてみよう。


 ロングカウンターとショートカウンターの違い
カウンターとはそもそもボールを奪ってからすぐに相手陣内に攻めこむ戦術だ。このボールを奪う位置が大事で、自陣の深い位置でボールを奪った場合は相手ゴールまでの距離が長いのでロングカウンターと呼ばれる。反対に相手陣内のより前のポジションでボールを奪えれば、ゴールまでの距離が近くすぐにチャンスになりやすい。これをショートカウンターと言う。要するにボールを奪った位置の違いでこう呼ばれている。


同じカウンターでも全くの別物
ロングカウンターとショートカウンターは全くの別物だ。

ロングカウンターの場合はとにかく相手を深くまで攻めこませる必要があり、ある程度ポゼッションを相手に与え引いて守らなければならない。さらにボールを奪ったら一気にロングボールでフォワードにパスを通し、個人技でゴールを狙わせる。

ショートカウンターの場合は全く逆で、とにかく前線からプレスをどんどんかけて中盤より前でボールを奪うようにし、奪ったらすぐさま周りが動き出してパスを繋ぎながらゴールを目指す。当然DFのラインは高くなるし、引いて守ることとは全くの別物だ。


ショートカウンターのリスク
ショートカウンターは常に危険を伴う。プレスをかけるということは、自分の後ろにスペースを作るということだ。プレスに失敗してボールを奪えなかった場合、相手に大きなチャンスを与えてしまう可能性がある。だからこそ、チーム全体として穴がないように距離感を短く保ちながら戦略的なプレスをかける必要があり、よく訓練されたチームでなければこの戦術を安易に取れないのだ。


最近流行のワケ
 この戦術をいち早く取り入れたのはレアルマドリードである。クリスティアーノロナウドやベンゼマ、ディマリアといった破壊力のある選手を前線に配置し、訓練されたチームプレスからボールを奪ってショートカウンターを決めていった。

引いて守っているチームと戦う場合は、サイド攻撃やクロス、ミドルシュートなど攻撃のパターンが限られていたが、ショートカウンターを徹底することでボールを奪ってから速攻でゴールを決めるというシーンが目立ってきた。

もともとレアルマドリードがこの戦術を取り入れたのは、バルセロナ相手に引いて守るだけのサッカーをしていては勝てないと思い、積極的に取り入れたものだった。この戦法は他のチームとの対戦でもかなり有効だったため、その後のレアルマドリードの戦い方の基本となり、世界各地でこれを手本にするチームが増えていくことになった。


そう簡単な戦術ではない
しかし戦術としてショートカウンターを実践するには、チーム全体の運動量や連動性・距離感、それにフォワードの質も大事になる。日本のチームでこれを取り入れようと思ってもすぐには難しいのが実情だ。闇雲にプレスをかけるだけでは必ず守備の穴が出てきて、相手に攻撃するチャンスを与えてしまうだけだ。それでも、チーム戦術として意識しながら日々練習を重ねれば、少しは形が見えてくるかもしれないが。


とにかく、遅攻よりも速攻が求められる時代になり、全体として点が入りやすくなった。 こういった流れの中で、ショートカウンターを目にする機会はさらに増えていくだろうし、見ている側もたくさん点が入って面白いと感じる試合が増えてくるはずだ。

 

アジア枠削減はされない。むしろ増える可能性すらある


02578711

日本の一部の報道でアジア枠が削減されるとの憶測が飛び交っている。しかし、そんなことはないと断言できる。FIFAとブラッター会長はそんなことは全く考えていないからだ。



勝てなかったアジア勢
0勝3分8敗とワールドカップで1勝も出来なかったアジア勢。確かにオーストラリアのように難しいグループに入ってしまった例もあるが、日本や韓国のグループであれば1勝ぐらいは出来たかもしれない。

前回の南アフリカ大会では4勝2分6敗で、日本と韓国が見事に決勝トーナメントへ進んでいた。あの頃と比べて特にアジアチームのレベルが落ちたとは思わないが、ここまでの結果になるとは予測できなかった。


ヨーロッパの言い分
自分たちの地域の出場国を増やしてほしいと一番主張しているのはヨーロッパだ。今大会の成績でアジア枠の削減を言い出すのは彼らかもしれない。

しかし、今大会はヨーロッパ勢も不振が続いた。イングランドやイタリア、スペイン、ポルトガルなどの強豪が敗退し、南米のチームに良いようにやられてしまった。こんな状況でアジア枠の削減を唱えたところで説得力はそれほど大きくはないだろう。


FIFAとブラッター会長の考え
しかしどうやら、アジア枠を削減しようとする考え自体がFIFAとブラッター会長にはないようだ。近年のワールドカップは会場の設備や運営に莫大な経費がかかるようになり、巨額の費用を出してくれるアジアの国は貴重な存在になりつつある。さらに将来、中国カタールといった金持ちの国が出場することになればさらに莫大な収益が見込めることにもなる。これらの国にチャンスを与える可能性は大いに考えられることだ。

さらに、FIFAは実力によってではなく地域の参加国数を考えて出場枠数の均等性を保とうとしている。アジアやアフリカといった国の数が多い地域の出場枠が今になって減らされることは考えにくいのだ。


つまり、アジア枠が減らされることはなくむしろ増える可能性すらあるのだ。さらにUEFAのプラティニ会長がワールドカップの出場国数自体を増やすように提案をしたこともあり、ワールドカップ自体の枠組みが変わっていく可能性もある。

いずれにせよ、アジア予選すら突破できないチームは世界では勝てないのだ。日本はアジア枠の削減なんかを気にする暇があったら、きちんと自分たちが強くなることを考えるべきだろう。



今の日本代表選手の4年後の年齢一覧。世代交代は避けられない

今大会の日本代表は前大会からのメンバーが非常に多かった。果たして4年後に残っている選手はいるのだろうか。


今大会メンバーの4年後の年齢一覧

GK 
川島 35歳
西川 31歳
権田 29歳

DF 
今野  35歳
伊野波 32歳
森重 31歳
吉田 29歳
長友 31歳
内田 30歳
酒井(宏) 28歳
酒井(高) 27歳

MF
遠藤 38歳
長谷部 34歳
青山 32歳
山口 27歳


 FW
大久保 36歳
岡崎 32歳
本田 31歳
香川 29歳
清武 28歳
柿谷 28歳
大迫 28歳

 
なんと、30歳をこえてしまう選手が13人もいる。遠藤にいたっては38歳ともはやキャリアが確実に終わっていそうな年齢である。27歳以下の選手に至っては山口螢と酒井の2人だけ。これでは大幅な世代交代は避けられない。

 特に今大会のスタメンで確実に4年後も残っていそうなのは、正直誰もいない。かろうじてフォワード陣の誰かが残っている程度だろう。これで4年後は本当に大丈夫なのだろうか。



とりあえず4年後のスタメンを勝手に予想してみた。


GK
権田

DF
吉田
岩波
長友
酒井

MF
柴崎
大島
南野

FW 
大迫
原口
久保

 
実は今の20歳前後にはかなりの逸材が多く、4年後というより8年後まで見据えるとかなり有望度は高い。特に攻撃陣はタレントが多く、南野 あたりは間違いなくエース級になっているだろう。その反面ディフェンスは相変わらず手薄で、特にサイドバック黄金期はとっくに終わっているだろう。

2020年には東京オリンピックもあり、日本サッカーの若手育成は非常に大事になっている。バルセロナのユースに入った久保君や、レアルマドリードに入った中井君など、確かに若いタレントは確実に増えてきている。しかし、期待だけされて成長せずに終わってしまうケースが非常に多く、各クラブの育成方法も大事になってくるだろう。若い才能がきちんと育つと信じて、4年後、6年後、8年後に期待しておこう。

 

ヨーロッパ勢敗退ラッシュの理由はどこにあったか

428396_heroa

ヨーロッパのチームがとにかく勝てない。こんなにヨーロッパ勢が敗退した大会は見たことがない。

今大会は南米開催ということもあり、南米や中米のチームは好調だ。その一方で、イングランド、イタリア、スペイン、ポルトガルといった強豪チームがことごとく負けている。この理由はどこにあったのか。


センターフォワードの不在

ヨーロッパの強豪国は、センターバックからミッドフィルダー、サイドアタッカーに関しては人材が豊富なのだが、得点力のあるセンターフォワードの選手に限っては、本当に人材が少ない。現に各国のリーグを見ても、得点ランキングはヨーロッパ以外の選手が多くなっている。

確かにファンペルシーベンゼマといった超一流選手もいる。しかしこの2人の出身国であるオランダとフランスだけはことごとく好調なのだ。 さらにセンターフォワードの不在はブラジル代表でも言われていることで、 予選リーグで苦戦している国は得点力のあるフォワードが不足している場合が多い。


カウンターサッカーの台頭

前回のW杯から、 パスサッカーに対する対応は研究しつくされてきた。特に有効だったのは組織的なハイプレスによってパススペースを消し、ボールを奪うことだったのだ。そしてボールを奪って速攻のカウンターから点を取る。CLで優勝したレアルマドリードなどがこのタイプの筆頭チームだ。

カウンターが大事になってきたからこそ、得点力のあるフォワードがいないチームは弱い。逆に化け物クラスのフォワードが前に1人いるだけで勝ってしまうケースも多くなった。とにかく、カウンターの破壊力こそが得点力そのものになってきたのだ。


オランダは例外

ヨーロッパのチームは、伝統的に組織的な守備からパスワークとサイド攻撃によって得点をするというパターンが多かった。しかし今大会ではことごとく相手のカウンター失点をするケースが目立ち、ボールを持たされるシーンが多かった。さらにカウンターの攻撃力も南米のチームには及ばず、得点自体もだいぶ少なかった。

とはいえ、オランダは好調だ。このチームだけは少し毛色が違う。ファンペルシーとロッペンという超攻撃的選手がいるだけでなく、チームとしてもカウンターを意識した戦術になっている。他のヨーロッパのチームと違うのはここだ。


これからのヨーロッパサッカーはどうなる?

かといって、他の国もオランダのようなチームになれるかと言うと、そう簡単な話ではない。おそらくこれからはカウンターを中心とした攻撃的なサッカーがまた流行り出す可能性は高いが、それを可能にするのはあくまでも得点力のあるフォワードがいる場合に限られる。

最近になってストライカーが不足してきたのは、パスサッカーが重宝されて昔のようなセンターフォワードタイプ自体が減っているのも原因の1つだ。これからまたそういったタイプの選手が活躍していく事は大いに考えられるし、ブラジルのエースだったロナウドのようなタイプの選手がまた増えてくるかもしれない。

いずれにせよ、ヨーロッパのこれからのサッカーを考えさせるほどの惨敗だったことは確かだった。これからのヨーロッパサッカーの推移が楽しみである。


 

日本代表が守備崩壊していた理由と原因を考える


brazil_soccer_wcup_japan_colombia_32853469

今大会の日本代表の最大の弱点は守備だった。所々で危ないシーンが目立ち、失点をする場面があまりにも目立った。3試合で6失点では上に進めないのも無理はない。なぜここまで守備崩壊していたのだろうか。


南アフリカ大会と比較

さて、前回のW杯南アフリカ大会での失点を比較してみよう。 

カメルーン  -1 日本
デンマーク  -3 日本
オランダ   -0 日本
パラグアイ  -0 日本(PK5-3) 


なんと4試合2失点しかしていない。今大会はたった3試合で3倍もの失点をしたことになる。 

日本代表は南アフリカ大会の前、練習試合で思うような結果が出ず守備的な布陣で本大会に臨んでいた。アンカーに阿部をおき本田を1トップにして守備重視のフォーメーションを組んでいたのだ。さらに、センターバックも中澤と闘莉王コンビで威圧感があり、他の選手も守備のために走り回っていた。

確かに前線の選手は今大会と比べれば見劣りしていたが、守備力は圧倒的に前回のほうが上だった。


センターバックだけの責任ではない

確かに吉田や今野の技量が足りていなかった感じは否めない。しかし1対1であればどんなに優れたセンターバックでも常に勝てるとは限らないし、相手にゴール前でスペースを与え前を向かせた時点で失点を100%防ぐことは出来ないのだ。

今回は特にサイドバックの裏、ボランチの穴をつかれてカウンターを受けていたケースが多かった。特に日本の選手は体が小さく強く当たりにいけないので、カウンターを未然に防ぐようなプレーが出来ないと致命傷になる。

その点、前大会では阿部というアンカーが守備の常にケアをしていたために、抜群の安定感があった。結局、体格差を補うには数で守るしかなかったのだ。今大会では特にボランチの守備意識は高くなかったし、サイドバックの位置も高く、香川の守備力不足などもあって守備力は相当低かったと言わざるをえない。



ボールを奪えない日本

 最近のサッカーは、ハイプレスによってスペースを消してボールを奪い、そこからショートカウンターによって得点をする戦術が主流になっている。プレスの質は守備力そのものであり、同時にカウンターからの得点力に直結しているのだ。しかし日本代表のプレスはまったく効果的ではなく、ボールを奪えるシーンが極めて少なかった。

確かに体格差の問題はある。しかし、スペースのないところで数的優位さえ作れば比較的簡単にボールが奪えるのがサッカーだ。そもそも日本代表のプレッシングは、ボールを奪うためというより前にいかせないための最低限の守備的なスペース埋めでしかなく、枚数をかけてボールを奪うといった動きでは無かった。


結局何が足りなかったのか?

体格差だけを理由にしてはいけない。現にバルセロナというチームはあの体格でプレスをかけて前でボールを簡単に奪える。結局日本はそういう動きを意識してこなかっただけで、アジアの弱小チームとばかり対戦していてはいつまでたってもプレッシングを中心とした守備力は身につかないだろう。

とにかく、 南アフリカ大会のように数で守備をするか、チーム全体としてハイプレスを意識してボールを奪えるようにするか、どちらにせよ今のままでは厳しいだろう。

攻撃の形ばかり考えていた日本だが、守備力はまったく世界の平均レベルにすら達していなかったのだ。こんな状態で攻撃サッカーなんかやっていたら失点するのは当たり前で、もう一度根底から考え直す必要がある。そうでなければまた悲劇を繰り返すだけだ。
ネットオフ